えちぜん鉄道・永平寺口駅、池庭の移り変わり

 永平寺口駅に始めて訪れたのは、1990年代前半だ。まだ京福電気鉄道時代で、分岐していた永平寺線が健在で、東古市駅と呼ばれていた頃だった。

2006年4月

 そして桜の花咲く2006年4月、2回目の訪問を果たした。その頃、永平寺線はとうに廃止となり、駅名は永平寺を強調する永平寺口駅へと再び改名されていた。そして何より、経営が京福電鉄から第3セクターのえちぜん鉄道に移管されていた。

 何かと変遷しても大正築の洋風木造駅舎は健在だった。その駅舎の出入口と反対側の裏側に、池庭があるのに気付いた。

えちぜん鉄道・永平寺勝山線、永平寺口駅の池庭。(2006年)

⇒続きを読む: えちぜん鉄道・永平寺口駅、池庭の移り変わり

鷲塚針原駅(えちぜん鉄道・三国芦原線)

 えちぜん鉄道に数多く古い駅舎が残っている。その中で、下車した駅の一つがこの鷲塚針原駅だ。車内から見ただけだが、これと似た型の駅はいくつかあったが、この駅で降りたのは構内に咲く桜を目にしたからだった。桜の下まで行こうとしたら、何と枯池があった。

えちぜん鉄道、鷲塚針原駅の枯池。

⇒続きを読む: 鷲塚針原駅(えちぜん鉄道・三国芦原線)


1