下白滝駅の荒れた庭園跡と古駅舎(JR北海道・石北本線)

 丸瀬布駅からタクシーで下白滝駅に乗りつけた。線路両側を小高い山に挟まれた空間の駅前には牧場がある以外、建物はほんの数軒だ。

石北本線・下白滝駅。駅舎改札口横の荒れた一角。

 開業の1929年(昭和4年)以来の古い木造駅舎が残るが、元々の木材とは違った素材の板が所々にあてがわれ補修されている。年月を経た木材と交じり合い、駅舎の継ぎはぎ感が印象的だ。

 改札口跡の横の、背の低い松が植えられた一角が気になった。枯枝が積み上げられ、随分と荒れている...。

⇒続きを読む: 下白滝駅の荒れた庭園跡と古駅舎(JR北海道・石北本線)

深川駅(JR北海道・函館本線)

 深川駅で下車し駅前を見ていると、駅舎の横に柵で囲まれた庭園のような一角があるのを発見した。前回この駅に来た時は冬で雪が積もっていて、この庭園の存在に気付かなかった。中には木々が植えられごつごつとした岩が配されているのが見える。特に特に高く成長したもみの木が目立つ。

函館本線、深川駅。駅舎横の庭園。

⇒続きを読む: 深川駅(JR北海道・函館本線)

豊沼駅(JR北海道・函館本線)

 函館本線の上り列車が豊沼駅に進入した時、ふと目に入った駅前のロータリーが気になった。ロータリーには一部、お義理程度に柵が設置されていた。なぜ一部なのだろう...?

この「ロータリーに柵」という組み合わせを見て、JR日田彦山線の採銅所駅の池庭を思い出していた。今でこそ埋められ池の痕跡はほとんど無いが、私が初めて採銅所駅を訪れた時、ロータリーは柵で囲われ、その中は水をなみなみと湛えた池があったものだった...。

 車内から駅の池庭・枯池を見て思いつきで予定外に下車する事はままあるが、初めからこの駅で下車するつもりだった。これは奇遇だ。必ず駅前のロータリーをチェックしなければと思いながら、ホームに降り立った。

函館本線、豊沼駅駅舎とロータリーの植え込み

⇒続きを読む: 豊沼駅(JR北海道・函館本線)

塩狩駅(JR北海道・宗谷本線)

JR北海道・宗谷本線、塩狩駅の枯池

 木造駅舎やかつて泊まったことがあるユースホステル跡を見たくて、塩狩駅で下車したのだが、まさか枯池があるとは思いも寄らなかった。

⇒続きを読む: 塩狩駅(JR北海道・宗谷本線)


1