伊予吉田駅(JR四国・予讃線)

 古そうな駅舎が残る予讃線・伊予吉田駅で下車してみた。古いと言っても、JR四国の木造駅舎は、国鉄分割民営化後に外観をきれいにリニューアルした駅がほどんどなので、大きな期待はしていなかったが...。

JR四国・予讃線、伊予吉田駅の枯池

 しかし、駅舎車寄せの横に、枯池があるのを発見し、低かった期待感が一層された気分は高まった。早速、観察を始めた。

⇒続きを読む: 伊予吉田駅(JR四国・予讃線)

堀江駅(JR四国・予讃線)

 かつての国鉄・仁堀連絡船を偲ぶように、呉線の安芸阿賀駅からか阿賀港まで歩き(※1)、呉・松山フェリーに乗り、夕暮れの瀬戸内海を渡り堀江港に到着した。港から5分歩くとJR四国・予讃線の堀江駅だ。

 廃車となった貨車を流用・改装した簡易駅舎を通りプラットホームに出て、夜の闇の中、松山行きの列車を待っていると、反対側の2番ホームに枯池があるのを発見した。

JR四国・予讃線、堀江駅の枯池

⇒続きを読む: 堀江駅(JR四国・予讃線)

下灘駅 (JR四国・予讃線)~瀬戸内海を望む駅の廃れた庭園~

 青春18きっぷのポスターやプラットホームから瀬戸内海を望める事で有名なJR予讃線、愛媛県の下灘駅を訪れ、駅構内や周辺を歩いていると、駅舎の横に荒れ果てた庭園の跡を発見した。

JR四国・予讃線、下灘駅の枯池

 この庭園の遺構、よく見ると池もあったようだ。

⇒続きを読む: 下灘駅 (JR四国・予讃線)~瀬戸内海を望む駅の廃れた庭園~


1