竹岡駅 (JR東日本・内房線)~草の陰から見つめるモノ...~

 千葉県の鉄道旅行を楽しみ、内房線の上り列車で帰路に就いていた。まだ時間に余裕があり、もう一駅見れそうだなあと思い、列車が駅に入線し停車するたび、車内から物色するように駅を見ていた。そんな時、竹岡駅に停車した。駅舎はこの旅で何回か目にしたJR千葉県内新標準とも言える簡易型の駅舎で、無人駅となった古い駅舎が取り壊されると、共通設計の新駅舎が県内各駅で採用されているのだろう。私は素朴な木造駅舎など古い駅舎が好きなので、全くそそられなかったが、こういう駅で降りてみるのも一興とふと思った。

 

 下車すると、ホームに妙に緑豊かな一角が目に留まり、まさかと思い近付いてみると、荒れ果てたミニ庭園の中に、小さな池があり驚かされた。こうなると、この駅に気まぐれで下車したのではなく、降りるべくして降りたのだと、何かの導きを感じた。

竹岡駅の駅名標と池庭

⇒続きを読む: 竹岡駅 (JR東日本・内房線)~草の陰から見つめるモノ...~

松岸駅(JR東日本・総武本線、成田線)

 成田線の列車で銚子に向かう時、松岸駅停車中、車窓から枯池らしきものが見えたのが気になった。銚子電鉄に乗った後、立ち寄ろうと思った。

 再び松岸駅に戻って来た時、夜で空は真っ暗だった。

JR東日本、松岸駅の枯池

⇒続きを読む: 松岸駅(JR東日本・総武本線、成田線)


1