駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

武豊駅(JR東海・武豊線)~終端の駅にひっそりと残る小さな池~

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


武豊駅(JR東海・武豊線)

 武豊線の終点、武豊駅プラットホームに小さな池庭があるのを発見した。

JR東海・武豊線の終点、武豊駅片隅にある池のある庭園

 武豊駅には数回訪問した事があるが、この池庭の存在にはまるで気づいていなかった。武豊線はラッシュ時を除き2両編成だ。なので、2両でも余るホームの先端部分まで足を運ぶ事は無く、気づきにくかったのだろう。

 灯篭や木々が配された日本庭園風の池庭で、片隅には「昭和55年 1月」という石碑まである。昭和55年は西暦では1980年で、この池庭がまさに作庭された年なのだろう。私が小学生の頃で、その頃、国鉄は既に赤字体質だったと子供心に記憶している。それなのに、このようなものにお金を回す余裕があったのだなと不思議に思う。でも、有志の駅員さん、地元の人などの寄贈により、駅の庭園が造られる事もあったので、国鉄が造ったとは限らないが...。

武豊駅の池庭、奇妙な中の島のようなもの

 この庭園で印象的なのが、この池の端から真ん中に伸び出る島のようなものだ。この奇妙なものは一体何なのだろうかと気になった。

武豊線・武豊駅の池庭の白い筒状のもの

 そして、島の先端からは白い筒状のものが上に伸び出ているのも奇妙だ。以前はここから噴水のように水が出て池に注水していたのだろうか...?


 ところが後日、武豊駅のこの池庭に言及しているあるブログがあり、そこでは「知多半島」と言及されていた。
「ああ、なるほどね!そういえば知多半島の形状に似ているし、何よりも武豊線は知多半島内の路線だ。」
と合点がいった。この中の島のようなものは、この池庭に取り入れられるべくして取り上げられたのだ。それに気付かされると、何と郷土色豊かな池なのだろうと深く感嘆されられた。

 だとしたら先端の白い筒状のものは師崎の灯台で、池は海なのだろう。そう思うと美味しい魚を食べたくなってきた。知多半島や三河湾は海産物の宝庫だ。

武豊線・武豊駅、知多半島を模した池庭と列車


[2010年(平成22年) 4月訪問](愛知県武豊町)

武豊駅訪問ノート

 武豊線の終点でレールはここで果てる。しかしかつては約1km先の、1886年(明治19年)開業時の武豊駅所在地だった後の武豊港駅、約2km離れた日本油脂工場への専用線も伸びていた。しかし現在では両線とも廃止されている。

 2013年(平成25年)、集中旅客サービスシステムの導入により無人駅となった。

亀崎駅
日本最古の現役駅舎と言われている木造駅舎が残る。(愛知県半田市)

=[AD:鉄道書籍]==
愛知県 駅と路線の謎
新・鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編
[↑↑ページ上部へ]