駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


諏訪ノ平駅(青い森鉄道・青い森鉄道線)

 JR東日本・東北本線の青森県内区間が移管された第3セクター鉄道の青い森鉄道。諏訪ノ平駅のプラットホームはとても長い。さすがに東京と東北、そして昔は連絡船で、今は青函トンネルを介し北海道をも結ぶ大動脈上の駅なのだなと実感する。

 今でも長大編成の貨物列車が頻繁に往来するのは相変わらずだが、地域輸送を担うのは数両の電車だ。使われなくなった長いホームの端は既に草生した空地状態と化している。その中を見てみると、植栽が整えられていた痕跡があり、あれっと思うようなカラフルな小さいものがあった。

青い森鉄道、諏訪ノ平駅枯池

 そこに近付いてみると廃れた池庭が埋もれていた。よく見ると、枯れた池のほとりには何と寺院まである。本堂がありその後にあのカラフルな物体・・・、三重の塔があったのには更に驚かされた!となれば、池の真ん中の小島にそびえる岩山は須弥山を表しているのだろうか...?

 そして寺院本堂をよく見てみると・・・

諏訪ノ平駅枯池、黄金の仏像

 何と!金色に輝く仏様が!無人化され少し寂れた駅でいまだに輝を放つ姿は、まばゆいばかりのオーラを放っているかのように映る。

諏訪ノ平駅枯池、法光寺案内の石碑

 雑草の中に「名所案内」と書かれた石があるのを見つけた。そには法光寺と三重の塔についての簡単な説明があった。これを見れば、この寺院のミニチュアの由来が法光寺なのだと察しがつく。法光寺は諏訪ノ平駅から直線距離で5km東南の山の麓にある。約700年前、鎌倉幕府第5代執権の北条時頼の開基で、承陽塔と呼ばれる三重の塔は日本一の規模との事。(※法光寺(青森県観光情報アプティネットaptinet)

 意表を突き駅に出現した仏教的小空間に手を合わせたい気分になった。


[2010年8月訪問](青森県三戸郡南部町)