駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

採銅所駅 (JR九州・日田彦山線)~記憶の中の池は何処に…~

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


採銅所駅(JR九州・日田彦山線)

 日田彦山線の採銅所駅は約5年振り2度目の訪問となる。前回は駅の池庭に全く興味が無いながらも、駅前に池があったのを不思議とよく覚えていた。なので、再訪にあたり池をもっとじっくり観察したいと思っていた。

 だが、駅前を探しても池は見当たらなかった。私の記憶の中では、特に意識しなくても目に付く目立つものだった筈だ...。駅前にあるロータリーの中の植込みがどうもあやしい。しかし、深さが無く池跡には見えなかった。それに目立つといっても、ロータリー程の大きさでもなかったような...。

JR九州・日田彦山線・採銅所駅、植栽のあるロータリー

 どうも解らず、たまたま駅にいた地元の人に聞いてみた。すると...

「うん、埋められちゃったよね。無人駅で管理する人がいないし、子供が落ちたら危ないから...」
やはり、この緑豊かなロータリーがあの池の跡だったのだ。

日田彦山線・採銅所駅、埋められた駅の池庭と木造駅舎

 駅前は狭いにも関わらず、ロータリー状のものを造り、しかも池庭まで整えたのだ。現代の感覚なら、そんなもので場所を取るより、駐車スペースを広く取るものだろう。ロータリーの直径は約4~5メートルになり、真ん中には石が組まれ、縁には桜の木まで植えられている。山間の小駅にこんな立派な池庭をよく作ったものだと感心する。しかし、見事に池は埋められ、かつては池であった事を感じさせない。埋められて何年経ったかは知らないが、もう雑草が成長してて、ただ単にロータリーに木々を植え込んだだけにしか見えない。

採銅所駅、池庭跡のコンクリートの構造物

 しかし、これが池跡と解り、更に観察を進めた。縁をよく見ると、ロータリーの内側にコンクリートの縁取りのようなものがあるのを発見した。これより内側に水が入っていたのだろう。

採銅所駅の枯池、岩の陰の注水口跡

 中央をよく見てみると、組まれた岩の陰から鋳潰された注水口が残っているのを発見した。注水口は上を向き、鋳潰される前はもっと長かったのだろう。きっと現役の頃は噴水で、水を威勢よく噴出し、岩を濡らしながら池の水を満たしていたのだろう。

 帰ってから前回訪問時のフィルムをよく見ると、池そのものを撮ったものは無かった。しかし駅舎をプラットホームから撮影したコマの片隅に、池の一部が写りこんでいるのを発見した。とても小さいが、周囲にすっかり錆び付いた柵が設置されているのが分った。この柵は池を埋めた時に撤去されたのだろう。


[2008年11月訪問](福岡県田川郡香春町)


(※当サイト内関連ページ: 古く美しき駅舎・採銅所駅訪問記)

☆このページをシェアする。

=[AD 関連アイテム]==
にっぽん木造駅舎の旅~九州・中国、近畿・四国・北陸~
駅旅のススメ―新『日本の駅舎』100選と訪ねたい駅風景40
[↑↑ページ上部へ]