駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

石鳥谷駅の池庭跡(JR東日本・東北本線)

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


石鳥谷駅(JR東日本・東北本線)

東北本線・石鳥谷駅、プラットホーム駅舎横の植栽

 東北本線、岩手県花巻市の石鳥谷駅で下車した時、駅舎の横に草木がぼうぼうと茂った所があるのが目に入った。元々はそれなりに木々や草花が植えられたスペースだったのだろうが、今では放置されている。池は無さそうだなと横目で見ながら通り過ぎた。

東北本線・石鳥谷駅の枯池「早池峰の庭」の看板

 駅舎などを一通り見て、改札内に入り戻ってきた時、あの植え込みの片隅の膝下位の高さに「早池峰の庭」と書かれた看板が草に埋もれているのが見えた。「池」という響きが気になり、葉っぱの中を漁る様に掻き分けてみた...。

石鳥谷駅の枯池、かつは噴水もあったようだ

 すると草木の生い茂る底には、枯池が眠っていたのだった。岩で囲まれ、少しんだ地面の中心には噴水のような注水口が伸び出ているのが見えた。これだけ草木が茂っていると、観察はこれで精一杯だ。仮にこれ以上探ろうとすると、間違いなく不審者と思われるだろう(笑)。草木が枯れる冬になれば。全貌が拝めるだろう。

 ちなみに「早池峰」は「はやちね」と読む。駅の東側数十キロに北上山地がそびえるが、数々の山の中でも1917mと最高峰なのが早池峰山だ。この池庭は早池峰山か、その周囲の風景をイメージしていたのだろう。そして、空気が澄んで晴れ渡った日には、背後の早池峰山をこの池庭の借景としていたのかもしれない..。


[2010年8月訪問](岩手県花巻市)

石鳥谷駅訪問ノート

JR東日本・東北本線、石鳥谷駅の木造駅舎。

 街中にあり駅周辺には住宅が立ち並ぶ。駅前ロータリーは整備され、線路をくぐる地下自由通路も造られていた。

 古い木造駅舎は外壁から内装まで、大きくリニューアルされながら使い続けられている。私の訪問後、更にリニューアルされ、腰壁がなまこ壁風で、外壁が白色の土蔵風の和風デザインになっている。

☆このページをシェアする。

=[AD 関連アイテム]==
汽車のあった風景(東日本篇) (DJ鉄ぶらブックス)
ワクワク!!ローカル鉄道路線 北海道・北東北編
[↑↑ページ上部へ]