駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


稲荷駅 (JR西日本・奈良線)~鯉泳ぐ駅のミニ庭園~

 伏見稲荷大社のJR側の最寄り駅、稲荷駅で下車した。

 プラットホームから駅舎へ降りる階段を下っていると、左手に緑豊かな一角があるのが目に付いた。よく見ると、その中には池があった。しかも枯れていない!

JR西日本・奈良線、稲荷駅: 駅構内にある池庭。

 昔は、駅構内に池のある小さな庭園があった事が多いようだが、今ではローカル線に枯れたまま残っている場合がほとんどだ。枯れた池ばかり見てきたので、このように水が湛えられ「現役」と言える状態にあるのは珍しく、とても驚かされた。住民や伏見稲荷への参拝客など乗降客が多いので、見苦しくないように整えられているのだろうか...。

JR西日本・奈良線、稲荷駅: 緑豊かな池庭。

 池庭は紅葉など木々が整えられ、京都市内の駅とは思えないようなゆとりある空間だ。

JR奈良線、京都市内の駅・稲荷駅、池では鯉が泳ぐ。

 なみなみと水が湛えられた池の中では、色鮮やかな鯉が何尾も泳ぎまわっていた。きっと駅員さんに毎日餌を貰っているのだろう。

稲荷駅池庭に添えられた安全祈願之碑

 池庭の右端には、小さな石碑が設置されていた。よく見ると「安全祈願之碑」と標されていた。

JR奈良線・稲荷駅、鉄道唱歌の碑

 そして左端には鉄道唱歌の歌碑がひっそりと添えられていた。読んでみると、京都やこの伏見稲荷を歌った部分だった。
「大石良雄が山科の
   その隠家はあともなし
 赤き鳥居の神さびて
   立つは伏見の稲荷山」
鉄道唱歌46番の部分だ。前の45番が大津付近、次の47番が京都駅を歌っている。

 明治の頃、東海道本線は東山に阻まれ、稲荷駅を通り京都駅と結ばれていた。しかし、1921年(大正10年)新逢坂山トンネルと東山トンネルが開通すると、稲荷駅は奈良線の新区間、稲荷駅‐桃山駅間と接続し、旧東海道本線の稲荷駅‐京都駅は奈良線に編入された。旧東海道本線区間にはじき出された奈良線の旧区間は、一部が貨物線として残ったものの、10年も持たず1928年(昭和3年)に廃止された。


[2007年7月訪問](京都府伏見区)

稲荷駅訪問ノート

JR西日本・奈良線、社殿風の稲荷駅駅舎

 京都の数ある神社の中で有名な神社の一つで、稲荷大社の総本社・伏見稲荷大社最寄の門前駅という事で、1935年(昭和10年)築のコンクリート駅舎は、柱が朱色に塗られるなど社殿風に仕立てられている。ただ、社殿風と言っても、あまり華やかではなく、社殿に付属する建物と言った感じだ。

 また構内には東海道本線時代から残るレンガ造りのランプ小屋が残り、準鉄道記念物に指定されている。