駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

東根駅 (JR東日本・奥羽本線)~不思議な小さな池跡~

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


東根駅 (JR東日本・奥羽本線)~不思議な存在の小さな池跡~

 列車が停車した東根駅で何気に外を眺めていると、枯池があるのを発見!こういう時はいつも下車しようか迷うのだが、下車してしまう事が多く、この時も結局下車してしまった(笑)

JR東日本・奥羽本線、東根駅レール横の枯池

 線路脇から駅舎へと向かう駅員用通路脇にある小さな池で、池に水を注ぐためのパイプが地面に露出しているのが見える。山形新幹線新庄延伸により、東根市中心駅の立場をさくらんぼ東根駅に譲り、果ては無人化されてしまった。有人駅時代の終わりまでは、この池に水は注がれていたのだろうか?

東根駅レール横の枯池、中の島のようなもの

 池の中心部を見ると、真ん中にコンクリート製の逆台形状の小島があり、池の縁とは橋で繋がれていた。島の上方側面は赤く塗られている。赤い部分が水面上になり、その下の何も塗られていない部分が水中に没していたのだろうか。

 その上に更に小さなコンクリート製のオブジェが載っている。上部が輪っか状になっている鈴を思わす形だが、これには一体何の意味があるのだろうか...?不思議なオブジェだ。輪っかには飾りか何かが括り付けられていたのだろうか...。橋には黄色いペンキの跡が僅かに残る。正直、庭園的な情緒というものは感じられないが、色分けといい何か意味ありげで気になる。というか、何故こんなちっぽけな池をこんな所にと思える。

JR奥羽本線、東根駅、駅舎前の池庭

 そして駅舎を抜け駅前に出てみると、左手に緑豊かな池庭が整えられていて驚かされた。ホーム側の枯池が小さくオマケ程度な雰囲気なのに対し、こちら側は立派で本格的な池庭で、町の中心駅として来訪者を迎え入れてきた風格さえ感じる。だが、夕闇の中、ひっそりとした無人駅にある様はどこか寂しさ漂わせ、栄枯盛衰という言葉を身にしみて伝わってくるかのようだ。

 この庭園の中に小さな石碑が添えられ「贈 東根ロータリークラブ 創立10周年記念造園 昭和51年」と標され、末尾には施工した地元の造園業者の名前が添えられていた。


[2010年8月訪問](山形県東根市)

☆このページをシェアする。

=[AD 関連アイテム]==
東北客車急行 (イカロスMOOK―名列車列伝シリーズ)
[↑↑ページ上部へ]