駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

電鉄石田駅 (富山地方鉄道・本線)~駅舎の裏にひっそりとある枯池…~

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


駅を探索していると…

富山地方鉄道、電鉄石田駅、ひっそりと残る枯池

 駅をいつものようにあれこれ見ていると、駅舎横の裏手に枯れた池のある庭園があるのを発見した。乗降客の流れや視線から殆ど外れている場所で、なぜこんな場所にと不思議に思う。しかし、昔はもっと乗客の目に付く場所だったのかもしれない。あるいは、駅員さんが勤務の合間に眺めてはホッと一息ついていたのかもしれない…

 あれこれ言っても、今は忘れ去られた存在という事には変りは無い。


[2005年7月訪問](富山県黒部市)

再訪記

 2010年9月末、電鉄石田駅を再び訪れた。古い駅舎も気になるが、あの枯池が気になって、真っ先に見に行った。

富山地鉄・電鉄石田駅、駅舎裏手の枯池。

 改めてみると、ごつごつした石で縁取りされ、しっかりとした造りだ。緑に囲まれた池が少しの水を湛えた様は、庭園の趣きを取り戻していたかのよう。雨水が溜まっただけなのだろうが・・・。

 それにしても、駅舎裏手の駅員出入口辺りという位置は、やはり不思議だ。

電鉄石田駅を通り過ぎる元京阪電鉄の10030系電車

 元京阪電鉄の10030系電車が電鉄石田駅を通り過ぎていった。

 乗客がこの池庭の存在に気付くとしたら、動く列車の車内からだ。しかし、枯れた今、恐らく誰からも顧られないのだろう。しかし、この池庭が水を湛え現役だった頃、列車に乗っていた乗客達は、この池にはに気付いたのだろうか...?


=[AD 関連アイテム]==
とやま電車王国 - いまは山中、いまは浜ぐる~り富山を鉄道の旅
トミーテック ジオコレ 鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形 第3編成 2両セット ジオラマ用品
[↑↑ページ上部へ]