駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


有田駅(JR九州・佐世保線)~「1964」 2大イベントに湧く日本の縮図は今も残る...~

ハイパーサルーンこと783系電車と有田駅の枯池

 有田駅の1番線片隅にある枯上がった池の横を、今日もハイパーサルーンが走り抜けてゆく。


[2006年6月訪問]

再訪記:「1964」に湧く駅員さんたち。

JR九州・佐世保線、有田駅の枯池

 松浦鉄道に乗り、有田駅で乗り換えの時間があった。有田駅と言えば、私の中では枯池を見た事が記憶に残っていた。前回はちょっと見ただけだったが、今回はもう少し時間がある。

 初夏の夕刻、改めて枯池の正面に立つと、緑豊な池庭だった事が分かる。緑の中につつじが咲き彩りを添えていた。今回、念入りに裏の方まで回ってみると、この庭の由来を伝えるとても感慨深い碑が添えられているのに気づいた。

有田駅枯池、池庭の由来を記すプレート

 陶器... おそらくは有田焼のプレートが伝える所によると、造園されたのは1964年との事だ。この年を聞いてピンと来る方もいると思うが、戦後日本の復興を象徴する2大イベントである、東京オリンピック開催と東海道新幹線が開通した年だ。この庭は、まさにこの2つの出来事を記念して、当時の有田駅全駅員さん達が汗水流して造ったという。文中の
「本苑の造園を発起せり」
という一文が、喜びに湧く当時の駅員さん達の気持ちが伝わってくるような力強さだ。苦しく悲しい時代を経てきたからこそ、復興の一つの到達点に至った喜びもひとしおなのだろう。いや、きっと駅員さん達に留まらず、人々の喜びの縮図がこの庭なのだろう。

 由来が記された碑の隣には、駅員さんの名前が記された陶器のプレートと、その隣には外部の協力者の個人や会社が記されたプレートもあった。

 仕事の合間、しかも夏の炎天下にこんな立派な庭を造るのはどれだけ大変だったのだろうと思う。きっと完成の暁には駅員さんだけでなく、その家族とも眺めて喜び、旅行者にとっても和みとなったのだろう。今では池こそ枯れてしまったが、風に緑が揺らされざわめくたびに、当時の駅員さん達の想いが伝わってくる...、そんな感慨に胸が熱くなる心地だ。

有田駅、バスロータリー

 駅舎は改築されていて奇麗になっている。駅舎の向かって右横にはバスロータリーがあり、その奥の緑豊かなスペースが枯池のある所だ。バス停はこれで事足りるのかもしれない。しかし、あの池庭を避けるように小さなロータリーが設置された様は、やはりあの当時の駅員さんの汗と思いが詰まった庭を、たやすく壊す事ができなかったからこうなっているのではと思える。

 それにしても、何故あの碑はあんな陰にあるのだろうか?他の枯池でも、由来を記した碑文がある場合もあるが、物陰や隅だったり裏面だったりと、目立たない場所にある。折角これほどのものを造ったのだから、もっと目立つ場所にあってもいいような気がする...。でも当時の人々は、きっと今の人々より奥ゆかしかったのだろうなと自問自答し妙に納得してしまった。


[2010年5月訪問](佐賀県西松浦郡有田町)