駅と駅舎の旅写真館・homeへ

駅・桜旅2006 ~4月のえちぜん鉄道、そして桜前線は東北へ…~


4月、えちぜん鉄道へ

えちぜん鉄道、永平寺口駅側に咲く桜と列車。

長い冬から解き放たれ、
今年も、春の使者が駅を訪れた。

( 永平寺口駅 (勝山永平寺線) )

えちぜん鉄道・勝山永平寺線、山王駅ホームに咲く桜。

ふと降り立ってみた駅で、
桜の見事な枝ぶりに、ただ心引き付けられた…

( 山王駅 (勝山永平寺線) )

えちぜん鉄道・三国芦原線、鷲塚針原駅の桜

散りゆく桜を惜しまず、
いつものように列車が
走りぬけてゆく…

( 鷲塚針原駅 (三国芦原線) )

えちぜん鉄道・三国芦原線、三国港駅と満開の桜

夕暮れ迫る終着駅 
桜の木、華やぐ。

( 三国港駅 (三国芦原線) )


五月、桜前線は北へ・・・、東北路をゆく

 えちぜん鉄道に咲く桜を堪能した1ヶ月後、駆けるように北へと去った桜を追うように東北へ旅立った。

JR東日本・羽越本線、女鹿駅のボロ待合室と八重桜

古ぼけて寂れた待合室を
覆わんばかりの見事な八重桜は
今まさに花盛り。

JR東日本・羽越本線の秘境駅、女鹿駅で桜を愛でる

人がやって来ない 
秘境駅だからこそ、
一人静かに桜を愛でる事が叶う。

( 女鹿駅 (JR東日本・羽越本線) )

小坂精錬・小坂駅付近、桜並木を駆け抜けるディーゼル機関車

旅客営業が休止された路線の終着駅、
桜のトンネルを不意に一両の
ディーゼル機関車が通り抜けた。

小坂精錬・小坂駅、駅構内の建物と桜のじゅうたん

古く歴史感じさせる駅構内の建物が
桜のじゅうたんで彩られていた。

( 小坂駅付近 (小坂精錬) )

JR東日本・花輪線、八幡平駅廃ホームの桜並木

打ち棄てられて久しい石積みのホームに、
賑やかに桜の木が並ぶ。
ほとんどが葉桜となってしまったが、
一本だけ見事な花を咲かせていた。

八幡平駅廃ホームの桜並木、枝から花一輪・・・

太い枝から一輪だけ
ひょろりと桜の花が伸び出ていた。
何十年後かには
いくつもの花を装った
立派な枝に成長している事だろう…

( 八幡平駅 (JR東日本・花輪線) )

JR東日本・花輪線、桜の園となった小屋の畑駅。

集落の一面一線の小さな駅、
春のこの時だけ、桜の園になる。

花輪線・小屋の畑駅、桜の園と外の世界を別つ桜の門

まるで桜の園と外の世界を 
別つ門のように、
小さな坂の上で桜が咲いていた。

JR花輪線・小屋の畑駅、闇夜に浮かぶ桜

気動車がヘッドライトを
照らしながらゆっくり入線してきた。
突然、
咲き誇ったかのように
闇夜の中で桜が浮かび上がった。

( 小屋の畑駅 (JR東日本・花輪線) )


Share!!